日別: 2020年3月10日

中年サラリーマンの臭いエチケット・対策

Published / by 管理者

夏場、湿気とニオイが気になるので、汗拭きのためのペーパーは欠かせません。好みもありますが、できるだけ嫌みのない香りのついたものを使っています。
シャンプーは臭いが取れることが最重要。メントール配合のものを使い、時と場合により二度洗いもします。

靴の匂いも気になるので、革靴には「炭」の類が練りこまれた中敷きで乾燥&ニオイ対策。
家の中は調湿機能のある建材のカケラを入れて脱湿&臭い取り。天気が良ければ陽にも当てるようにしています。

口臭対策は、打合せ前には、ミント系タブレットを必ず食べています。
タバコや宴席の後も、電車に乗る前にミント系タブレットかシトラス系のガムを噛んでいます。
歯磨きをするのはもちろん、舌苔のチェック、数度に1度は糸ようじでニオイの元となるような歯垢が残らないようにしています。

宴席のあった日にはスーツ等にニオイ取りのスプレーをして陰干しをして、天気のよい日にはクローゼットの外へ出してニオイがこもらないようにしています。

喫煙者の匂いのエチケットについて

私は喫煙者です。家でも外でもタバコを吸います。タバコを吸った後には、服やズボン、スマホなどの持ち物や、皮膚や髪の毛に匂いがまとわりついてしまいます。
吸った本人は何食わぬ顔で街を歩いていても、タバコを吸わない人や匂いに敏感な人からすると、不快感を与えてしまい、スメルハラスメントになってしまいます。

タバコといっても、電子タバコから水タバコ、紙巻きタバコまで数多くの種類があります。
私の吸っているタバコは紙巻きの洋モクのため、匂いがきつい部類のタバコになります。
ですので、エチケットには私なりに気を使っております。会社で吸う場合は、一回の休憩で一本だけです。

本数を増やしてしまうと、匂いがしつこく残るためです。
そして、吸った後は、アロマの香りのエアスプレーで、髪の毛や顔、肩、腕、脇、背中、ズボン前後ろ、襟の中、袖の中などを3回ずつくらい隈なく消臭します。

そして、洗面所で、石鹸でよく手を洗って手についたタバコの匂いを取ってから、
うがいを2、3回やります。そして、歯磨き粉を多めにつけて歯を磨き、続いて舌も磨きます。
その後うがいを2、3回やった後、自分で口臭チェックして、まだ気になるようならガムを噛みます。

しかしながら、これ程入念にやっても気付く人はタバコの匂いに気づいてしまうので、
喫煙者にとって匂いのマナーは、永遠の課題のように思えてしまう今日この頃です。

室内で犬を飼っているので気を付けています

私の仕事は接客・販売です。時にはお客様のお宅へ訪問するときもあります。なので、身だしなみには気を付けています。
とくに、納品時立ち合いの時は靴下は新品もしくは、白の清潔なものを履くようにします。汚れ、匂いのあるものは信用を失うからです。

私は家で犬を飼っています。毛の抜ける犬のなので、犬の毛には気を付けています。と同時に犬の匂いもです。
私自身は玄関、会社のロッカーに消臭スプレーを用意しています。犬の匂いを消すためです。
また、ロッカーには脱臭作用のある除湿剤、乾燥剤も入れています。犬の匂いと同じくらい湿った匂いは不快を招きます。

かといって香水は香りに好き嫌いがありますのでつけません。会社も香水の匂いはNGです。
我が家の犬は家犬のため、シャンプーは2週間に1度します。1度は自宅で、もう1度はサロンで。犬にもハーブパックをしていい香りにさせます。
ちょっと贅沢な犬ですが、獣の匂いはほとんどしません。散歩の時も服を着させることで被毛が汚れません。
ブラッシングも欠かしません。犬の匂いの元をできる限り抑えて過ごすことで、周囲に犬の匂いを感じさせず仕事をしています。

足の匂いがくさすぎて耐えられない

私は介護施設のパート職員です。その職場には、私が最も尊敬している人がいます。その人に足の匂いを指摘されました。
普通なら傷ついたり、腹が立ったりするのでしょうが、彼女に関してはそう思いませんでした。職場は、個人経営の小規模のデイサービス。

業者さんが掃除をしているわけではありません。デイサービスは利用者様を送った後は掃除をします。
その間、来客、電話対応もあります。先輩は、すごくきれいに掃除をされる方です。時々、下駄箱のチェックされます。
その時に、臭いのがわかったそうです。私は風呂に入ったとき、丁寧に洗うこともしました。
そして脇などに塗るデオドラントスティックの足用を見つけ塗っています。

それに加えて、靴の消臭スプレーをふるようにしました。それを続けていると靴の匂いが改善してきたようです。
もし、あの時彼女に足の跡を指摘されなかったら臭いままでした。いくら40代とはいえ、そこまで気にしなくなるとヤバいです。彼女に感謝です。