口臭の原因

そのニオイはどこから?口?胃?腸?口臭の原因まとめ

口臭の原因は、必ずしも口の中にあるわけではありません。

もちろん、磨き残しや虫歯、歯周病なども口臭を引き起こしますが、内臓からくる口臭も少なくはありません。

口臭の原因になり得るものをまとめましたので、そのニオイがどこから来ているのか把握するためのヒントとして参考にしてみて下さい。

口内環境が悪くなることで発生する口臭

口臭と言えば、やはり1番大きな原因とされるのが、口の中の環境が悪くなることだと言えます。

口内に何かしらのトラブルなどがある場合も、口臭の原因になりますので、ここで口内環境による口臭の原因について、見ていきましょう。

細菌増殖による口臭

朝起きたときに、口の中が気持ち悪い感覚に陥る事があります。また、口臭を感じてしまうこともあると思います。歯を磨いたとしても、数時間後には口臭が気になってくる事が多いでしょう。

このような口臭は、唾液の分泌量が減ってしまう事による【細菌増殖】が原因となっています。寝ている間や、緊張する時間、歯磨きから数時間経ったときなど、唾液の分泌量が減ってしまう事があります。

本来であれば、唾液の力によって、口内の細菌は退治されてしまいます。しかし唾液量が減ると、細菌はどんどん増殖することになり、細菌から悪臭が漂ってくるようになります。そして口内では、細菌による口臭が発生してしまうのです。

食べ物が原因となる口臭

好きな食べ物を好きなように食べたいという所ではありますが、口臭の原因となってしまう食べ物もあります。それは、食べ物自体のニオイがかなり強い、にんにく、にら、ねぎ、などの食材です。

このように、食材自体が強いニオイを発しているものは、私たちが食べることによって、口の中にニオイが強く残ってしまいます。そしてそのまま口臭として、残ってしまうようになるのです。

飲酒やタバコが原因となる口臭

お酒が好きな人や、タバコを吸う人は、口臭が発生している可能性が高いです。お酒はニオイもキツイですから、飲んだ後は口の中にいつまでもニオイが残ります。タバコも同じく、あの独特のニオイが口の中にいつまでも残ります。

さらにタバコは定期的に吸う人が多いので、1日を通して、常にタバコによる口臭が発生してしまっています。

歯肉炎や歯周病が原因となる口臭

歯肉炎によって、歯茎が炎症を起こしている場合、歯と歯肉の間に出来た溝で、食べかすなどを、細菌が分解していき、そこから口臭が発生していきます。歯周病も悪化していくと、口内で細菌が増殖をしていきますので、口臭が発生してしまいます。

このように、口内の環境が原因となって口臭になる事がたくさんあります。これらの事から、口内環境を整えておくことで、口臭の原因を少しでも減らす事が出来ることが分かります。

胃や腸など内臓が原因による口臭

内臓が原因となっている口臭があります。中でも考えられるのが「胃」と「腸」に問題がある場合です。口内の原因が見当たらない場合、内臓の原因を考えてみるといいかもしれません。

そこで、内臓からくる口臭について、ここで細かくチェックしていきたいと思います。

胃が原因となっている口臭

胃の中にある胃酸や、食べた物などから発せられるニオイが、口臭となってしまうことがあります。正常な胃の状態であれば、胃の中のニオイが口に上がってきて、口臭になる事はありません。

では、どのような場合に、胃が原因の口臭が起こるのかといいますと、「逆流性食道炎」になっている場合です。胃の中身が逆流しないようにする為の「弁」の働きが弱まって、胃液が喉の方まで逆流してくるのが、この病気の特徴です。

つまり、弁の働きが低下していることによって、胃の中身、胃酸、胃液などのニオイが、弁を通り抜けて、口臭として口の中までやってくるという事です。問題のない胃の状態であれば、胃が原因の口臭というのは考えられません。

ですから、逆流性食道炎の可能性がある人や、まさに症状を自覚しているという人は、胃が原因で口臭が発生している可能性があると言えるのです。

腸が原因となっている口臭

とても不思議なメカニズムだと思うかもしれませんが、腸から口臭が発生するという現象があります。腸から直接、口までニオイが届くわけではないのですが、腸が原因となり、口臭になる事があります。

腸というのは、日々活動をしている内臓で、食べた物を消化吸収する役目を持っています。食べた物が腸に届いた時に、腸内ではガスが発生して、そのうちほんの少しのガスは、血液に吸収されます。その後、血流に乗ったガスは、肺に送られていきます。

つまり、肺に届いた食べ物のニオイが含まれたガスが、呼吸をする時に、口から出ていく事になり、口臭となってしまうのです。しかしこの話では、誰もが口臭を発生させてしまうのでは?と思ってしまうでしょう。

実は、腸が原因になるときというのは、「ニオイの強い食べ物」を食べたときに、起こります。ニンニクがたくさん入った料理や、いつまでも口にニオイが残るような食べ物を食べると、腸内のガスにも、そのニオイが残ったままになり、口臭の原因になってしまうのです。

また、お肉ばかりを食べている人など、腸内の悪玉菌が増えてしまうような生活を送っている人は、腸内で食べ物が分解されにくくなります。そのせいで、分解されなかったものは「腐敗」していき、ガスとなり血液に吸収されます。

このように、腸が原因となる口臭というのは、ニオイの強い食べ物を食べた時や、普段から悪玉菌が多い腸内環境の人が、なりやすいと言えます。

蓄膿症や鼻炎が原因による口臭

鼻が詰まるという状態があります。慢性的な場合や、鼻づまりの原因が蓄膿症であるという場合、口臭の原因になっている可能性があります。鼻炎を持っている人も、同じく口臭の原因を抱えているかもしれません。

そこで、蓄膿症や鼻炎などの、鼻と口に関する症状からくる、口臭についてここで詳しくご紹介していきましょう。ポイントは、鼻で呼吸がほとんどできないという所にありますので、当てはまる人は、参考にしてみてください。

蓄膿症が原因の口臭について

蓄膿症という鼻の病気があります。頭蓋骨の内側にある、副鼻腔という空洞の部分があります。その副鼻腔の粘膜が炎症を起こしてしまい、膿が溜まっていくことを、蓄膿症と言います。

慢性的に蓄膿症を患っている人もいれば、鼻炎が悪化したり、風邪を引いたりして一時的に蓄膿症になる人もいます。

さて、この蓄膿症がなぜ口臭の原因になるのか?といいますと、大きな原因が2つあります。1つ目は、鼻が詰まっている状態が続くので、口呼吸になってしまう事。2つ目は、副鼻腔の中の膿がダイレクトに口臭になるという事です。

鼻が詰まっている状態の時

口呼吸になるという事は、当然ながら、鼻呼吸の人と比較すると、口内が乾燥しやすくなります。

口内の乾燥は、唾液の分泌を低下させますので、細菌を退治することが出来にくくなります。細菌が増殖すると、結果的に口臭の原因を作り出してしまう事になります。

副鼻腔の膿からくる口臭

副鼻腔に溜まっている膿というのは、膿の汁が鼻腔を通り、喉へ垂れてくる事があります。喉に達した膿の汁は、当然ながら息をするときに、口から膿のニオイを外へ発する原因になります。

蓄膿症を患っている人は、膿がいつの間にか、口臭の原因になっている事がありますので、注意しておきたい所です。しかし、鼻が詰まっているという事は、口臭にも気が付きにくいという事になりますので、自分で口臭を発見することが難しいのも難点です。

ですから、蓄膿症や、鼻炎などに当てはまるという場合は、自分がニオイに気が付いていなくても、もしかしたら口臭を、感じとられている事があるかもしれません。

ニオイの度合い

ちなみに蓄膿症の、膿からくる口臭というのは、かなりキツイと言われています。多くの人が感じるのが「ドブのニオイ」や「うんちのニオイ」などの、かなり汚いというイメージを持つものばかりです。

page top